一般的なソースプログラムのエディットの流れ

ソースプログラムのエディットの流れは以下のとおりです。

1.ファイル選択画面でプログラムが保存されている区分順次編成ファイルを入力
2.プラグラム選択画面でエディットするプログラムを選択
3.エディット画面でソースプログラムを作成・編集。ラインコマンドやプライマリーコマンドを活用
4.SAVEコマンドでソースプログラムを保存

↑ページトップ

 
[PR] 試写会大阪 大阪老人ホーム